読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 次期iPhoneと目される「iPhone 7」(仮)についてはさまざまな予想があるが

 次期iPhoneと目される「iPhone 7」(仮)についてはさまざまな予想があるが、現時点で、多くの研究者の意見が一致しているものをご紹介する。  まずラインアップは3モデル構成になる。 シャネル iPhone6sケース大画面モデルの「+」に加え、「D」と呼ばれるグレードが誕生し、この「D」は2つのアウトカメラを搭載する。カメラが2つになればきれいに撮れるわけではなく、片方のカメラで今まで通り画像を撮影し、もう1つのカメラでさまざまなセンシングを行うものと予想される。 超人気iphoneケース  カメラが2つになると取り扱うデータ量も増える。大量のデータを滞りなくさばくためのDRAM(メモリ)も増え、現在の2GBから3GBになると予想されている。 シャネルiphone6 ケース写真や音楽を収めておくフラッシュメモリ(ストレージ)は6s/6s Plusと同じ最大128GBになるだろう。だが、256GBモデルが2017年に登場すると予想されている。 グッチiPhone 6sケースそれには、大容量・微細化を進めた3D NAND構造を採用したフラッシュメモリが搭載される公算だ。  プロセッサの構造も変わる。 シリコンiPhoneケース次期iPhoneのプロセッサでは、台湾の半導体製造大手TSMCが「InFO」(Integrated Fan Out)と呼ぶ、新しい半導体実装方式が用いられる。これはファンアウト型WLP(FOWLP:Fan Out Wafer Level Packaging)とも呼ばれる技術で、プロセッサの小型化と集積化がさらに進む。 シリコンiPhoneケース  ディスプレイサイズは現在と変わらず、4.7型と5.5型モデルと思われる。次世代有機ELディスプレイは翌2017年の一部モデルで採用になり、2018年に全モデルで一斉に採用と予想される。 シリコンiPhoneケース  充電については、30分程度の充電で80%満タンになる急速充電に対応する可能性がある。またヘッドフォン端子もなくなり、Lightningコネクター経由で音楽を聴く可能性を示唆する専門家もいる。 シャネルiphone6 ケース  本来なら設計が固まっているこの時期に、これだけの予想情報が乱れ飛ぶのも珍しい。Appleも悩んでいるのかもしれない。 iPhone6 シャネルみ・お正月の帰省時や、誕生日会や学園祭のようなイベントなどで、みんなでVRを楽しみたい場合でも、今回使用したガレリアであればスムーズなVR環境の移動対応ができるだろう。  前置きが長くなってしまったが、ソフト導入とプレイのインプレッションを紹介する前に、ひと通り遊び終えての感想を最初に述べておきたい。 Ray-Banレイバン サングラスハッキリ言って、HTC ViveのVR体験はやばすぎる! というのが、筆者の率直な感想である。なぜ先に結論を述べるかというと、どんな文章や画像、あるいは動画をもってしてもこの体験のすごさを伝えることは難しく、最終的には「ぜひとも体験してほしい」にならざるをえないからである。 超人気iphoneケース  実際に、筆者以外の編集部員にも試してもらったが、体験中&体験後のコメントは、皆一様に「何これ!」、「すごい!」、「やばい!」しか口にしていなかった。とくに「本当にそこまですごいの?」と、VRに懐疑的な目を向けていた編集部員にも体験させてみたのだが、「何だこれは! すごい! やばい!」と、編集者なのにほかに語彙や表現はないのかと思うくらい、同じような感想が並べられる始末である。 エルメスiPhone 6s plusケース  このように、HTC Viveによってもたらされる体験がすごいものだということは、体験した人間ならば誰もがわかるのに、ことVRに限っては“百聞は一見にしかず”しか魅力を伝える術がないというのだから、本当に編集者泣かせのデバイスとしかいいようがない。  いま現在のところは、4月15日から10月中旬までの期間、東京・お台場にあるダイバーシティ東京プラザ3Fで開催されるエンターテインメント研究施設“VR ZONE Project i Can”や、5月8日まで開催される『マブラヴ オルタネイティヴ』の店頭体験デモプレイに赴いてもらうのが手っ取り早く体験できる機会となるだろう。 超人気iphoneケース [関連記事] ・VRエンターテインメント研究施設“VR ZONE Project i Can”がお台場にオープン! 高所体験やスキー滑降、電車運転など大人の「やりたい!」をVR技術で実現 ・最新VRデバイス“HTC Vive”で『マブラヴ』の世界を体験できるデモプレイをドスパラ秋葉原本店、GALLERIA Loungeにて実施!  ここで、「VRは本当にすごいので、ぜひとも体験してほしい」と、本記事をまとめて締めてしまってもいいのだが、3回に渡って続けてきたHTC Vive体験リポートの最後がそれでは、あまりにも投げやりに見えてしまうので、ここから実際にソフトの導入、プレイをした様子をお届けしていく。 ●まずはSteam VRのストアでVR用のコンテンツ・ソフト探し  HTC Viveを手にし、PCとプレイスペースを確保してから、セッティングも完了したあとは、当然コンテンツを入手しなくてはならない、HTC ViveでVR体験を楽しむためのソフト類は、STEAMのストアに用意されているので、ここで購入・インストールすればプレイが可能になるというわけだ。 ルイヴィトンiPhone6ケースストア自体はPCのウェブ上で開くことができるので、VRを起動していなくても購入はできるのだが、今回はせっかくなのでVR上の仮想スクリーンを使ってソフトを導入することにした。まずはVR内に表示されているSteam VRの仮想スクリーンから、ストアを選択し、HTC Vive対応ソフトを表示してみたところ、発売前のタイトルも含めて、70以上の作品がヒット。 iphone6ケースHTC Vive自体、リリースしてまだ間もないが、VRソフト自体はけっこうな数が揃っているようである。今回は短期間での試遊であったため、無料のソフトをチョイスして遊んでみた。 シャネルiphone6 ケース ●『The Cubicle.』これぞVRといったすごさをいきなり体験!  最初にプレイしたのは、『The Cubicle.』。これは、オフィスでの仕事体験を味わえるVRデモンストレーションソフトのような雰囲気で始まるものの、しばらくするととんでもない世界が目の前にくり広げられるという、まさにVRならではの体験ができるコンテンツとなっている。 シリコンiPhoneケースとくにゲーム性がある作品ではないのだが、プレイ時間も5分前後と短めで操作も簡潔なので、VRをはじめて体験するような人に向けてはうってつけのデモンストレーションソフトといえるだろう。 ●『The Lab』ミニゲームがたくさん入ったVR実験ラボソフト!  続けて購入、プレイをしたのは、Valve社が無料で配信している『The Lab』。 シャネルiphone6 ケースこちらは、とある科学研究を行っている施設のようなところで、ロボットを修理したり、城を守ったり、ロボット犬と遊んだりといった、さまざまな実験を体験できるソフトとなっている。HTC Viveのチュートリアルにも登場した黒いキャラクターたちが働く研究施設のなかには、8つのVR体験装置が用意されている。 iPhone6ケース香水風それぞれの装置の前に置かれている球状の物体を拾い上げ、頭に当てるようにすると、それぞれの世界に飛び込んで、VR体験ができるようになるというわけだ。  この研究所で体験できる8つの体験は、以下のとおり。 iphone6s plus